{ 料理教室レポート }2015.07.07

おとなの家庭科『管理栄養士さんと学ぶ子どもの食事(最終回)』開催レポート

From Kitchenの初めての挑戦となりました3回の連続講座。
本日、最終日が終了いたしました。

それぞれがご自身の目的を持ってご参加くださるみなさまで、本当に真剣にお話聞く姿が印象的でした。

お仕事がとてもお忙しい方。
妊娠中の方。
乳幼児がいらっしゃる方。
小中学生のお子様がいらっしゃる方。

お立場は様々でしたが、みなさま栄養のある食事を作りたいという想いは同じ。

栄養学はむずかしいし、食に関する情報は氾濫していて、何をどうしたらいいかわからないものですね。

From Kitchenでは、ふつうのお母さんにわかる言葉で、ふつうのお母さんに必要な栄養のお話しをする機会をご提供したいと、この講座を開催いたしました。

栄養の基本を習う。
ちょっと盛りだくさんかなというご感想が上がるほど、充実した内容の講義でした。

「子どもの食事」というタイトルではありましたが、実際の講義では、お母さんやおじいちゃんおばあちゃんまで、様々な年齢と性別について触れる内容でした。
みなさまご家族への食事をよくイメージできたのではないでしょうか。

最終日の今日は、「我が家の食卓」を考えてみるワーク。

参加者のみなさまでのシェアタイムは、とても盛り上がり、共感したり、こんなところは見習いたいなと思ったり、にぎやかにディスカッションしていらっしゃいました。

栄養のお話しなんてむずかしそう。。。
そんなイメージはありませんでしたか?

From Kitchenならではの、

ガチガチではない、
心にも目を向けた、
そして何より、参加者様が笑顔になれる、
そんな3日間でした。

またの機会にぜひつながりますように。

みなさまと共に成長し歩んでいけるFrom Kitchenでありたいと思っております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

From Kitchen 長野